たるみ治療なら専門医に任せよう【クリニックでアンチエイジング】

多数の治療方法

フェイス

治療法を選びます

加齢による顔のたるみはマッサージや化粧品では解消できないため、美容外科でのたるみ治療が効果的と言えます。たるみ治療といっても、現在ではいろいろな種類があり、昔のように皮膚を引っ張り上げる手術ではなく、切らずに行うことができるたるみ治療があります。たるみが気になってきたときに、切らずたるみ治療ができる方法を試してみることも有効です。切らずに行うたるみ治療には、各種のレーザー治療とヒアルロン酸やボトックスの注射などがあります。比較的若いうちにたるみが気になってくる場合には、大きな決断は避けて、ヒアルロン酸の注入で顔をふっくらとさせてたるみを解消したり、ボトックスでシワなどを消すと同時に顔にハリを出すという方法を選択してみるといいでしょう。たるみは加齢で進行していくものですが、その年齢でできる大がかりではない方法を選ぶと、不自然ではないたるみ解消が可能になります。

相談が大切です

たるみ治療は美容外科などでも積極的に行っており、種類も多く技術も進歩しています。目元や口元、あるいは頬全体など、人によってたるみの箇所も違います。また、どこをリフトアップすれば不自然ではなくたるみ治療が行えるかは医師と相談することが大切です。皮膚のたるみなのか、脂肪が下がってきて目立つようになったのか、水分が多くてたるんでいるのかなどを医師に判断してもらい、効果的な施術を提案してもらうことが大切です。現在はたるみ専門の外来を設けているクリニックもあるほどなので、クリニック選ぶやカウンセリングから始めるといいでしょう。加齢によるたるみでは、切らない治療法のほかに、切る手術でリフトアップすることも可能です。顔全体をリフトアップして劇的な効果を得ることもできます。また目元だけの切開手術など部分的な手術でも、10歳程度若返る効果があり、自然に年齢を重ねていくことを目標にしている人には部分的な切開手術が向いていることがあります。たるみ治療はたるみを感じ始めた時から切らずに治療を行うことができるので、美容外科で相談し自分に合った方法を選ぶことが大切です。