たるみ治療なら専門医に任せよう【クリニックでアンチエイジング】

たるみを消す方法

頬を触る女性

気になる肌たるみをキレイに解消したいと望んでいるのであれば、美容外科クリニックのたるみ治療を受けてみるとよいです。美容外科クリニックにたるみ治療を受けに行くと、顔をメスで切られるハメになってしまうと思い込んでいる人が少なくありませんが、昔とは異なり、メスを用いないたるみ治療も数多く用意されています。できるだけ効果持続期間が長いたるみ治療を望んでいる人は、メスで肌を切るフェイスリフト手術を受けるようにするのが一番です。しかし、多少効果持続期間が短かったとしても肌を切らずに済ませたいと望んでいる人は、その希望に応じたたるみ治療を受けることができます。人によって、たるみ治療のために使える予算や希望している仕上がり状態などが違っているのが当たり前ですが柔軟に対応してもらうことができます。

どのような種類のたるみ治療を受けるかによって、治療効果の持続期間が全く変わってきます。先程も述べたように、治療効果の持続期間が一番長いのは、メスを用いるフェイスリフト手術です。手術を受けた後に発生する皮膚の老化現象までを食い止めることはできませんが、手術時点で生じていた肌たるみについては半永久的になくすことができます。その次に効果持続期間が長いのは、伸縮性のあるスプリングスレッドという名前の糸を肌に埋め込む方法です。顔の表情筋はよく動かしますが、その動きに合わせて糸が伸縮するようになっていれば、糸に過剰な負荷がかかりません。その結果、糸が長持ちするようになりますし、皮膚の固定部分のゆるみも起こりにくくなります。個人差はありますが、伸縮性のある糸を肌に埋め込んだ場合は、10年近くリフトアップ効果を維持し続けることができます。